柔道整復学理論
-国家試験対策-
脊椎・軟部組織損傷
-腰部の軟部組織損傷
関節性・靭帯性-

脊椎・軟部組織損傷

腰部の軟部組織損傷

分類

〇腰部の軟部組織損傷

分類

関節性(a.椎間関節,b.椎体間関節(連結))

靭帯性(a.椎骨部の靭帯,b仙腸関節部の靭帯)

筋・筋膜性
関節性

椎間関節→局限した腰部痛発作が主体、活動中は軽快する傾向

椎体間関節→境界の漠然とした両側性腰部鈍痛、下肢への関連痛

椎間板ヘルニア

髄核が後方・後外側へ脱出して脊髄神経、神経根を圧迫する

腰痛と坐骨神経痛、一側性・両側性の下肢痛 ※他の腰椎との鑑別は重要
鑑別診断 Ex.腰部脊柱管狭窄症(間欠性跛行)

 

関節性-椎間関節-

〇腰部の軟部組織損傷

概要

比較的限局した腰部痛が主体

起床時とくに強く仕事中は割合軽快する傾向がある。

下肢症状や所見は少ない

 

2021091401

関節性-椎体間関節(連結)-周辺解剖①

〇腰部の軟部組織損傷

記号 名称
1 髄核
2 線維輪
3 軟骨終板(硝子軟骨性関節面)

 

2021091402

関節性-椎体間関節(連結)-概要

〇腰部の軟部組織損傷

概要

椎間板は、髄核、線維輪、軟骨終板の3部分から成り立つ。

境界が判然としない両側性腰部鈍痛が主体

下肢への関連痛があるが、根障害の所見は少ない。

髄核が後外側へ脱出して神経根を圧迫し、ときに強い腰痛坐骨神経痛を訴える

椎間板ヘルニアと、他の腰痛との鑑別が重要。

 

靭帯性-椎骨部の靱帯-周辺解剖

〇腰部の軟部組織損傷 

記号 名称
1 前縦靱帯
2 棘間靱帯
3 黄色靱帯
4 後縦靱帯

 

2021091403

靭帯性-椎骨部の靱帯-概要

〇腰部の軟部組織損傷

概要

□棘上靱帯・黄色靱帯・棘間靱帯

□30-40歳の約75%は組織的変性を起こしている。

□このため生理的姿勢での過労によって損傷を起こす。

 

靭帯性-仙腸関節部の靱帯-周辺解剖

〇腰部の軟部組織損傷

記号 名称
1 前仙腸靱帯
2 後仙腸靱帯
3 骨間仙腸靱帯

 

2021091404

靭帯性-仙腸関節部の靱帯-概要

〇腰部の軟部組織損傷

概要 仙骨を中心に蝶の羽のように開いた寛骨は、姿勢状態の変化に伴いねじれのストレスが発生しやすい。このねじれのアンバランスが加わり、損傷の大きな原因となる。

 

筋・筋膜性-概要-

〇腰部の軟部組織損傷

概要

1.腰部を形成する筋は作業状態、日常生活などでストレスを受けやすい。
疼痛は、多裂筋、腰腸肋筋などに多くみられる。

2.痛みの本態は急性・慢性外力により起こる皮下線維、脂肪組織の
無菌性炎症性病変筋膜の痛みについては外力によって筋繊維が
充血・腫脹して筋膜の自由神経終末を刺激し疼痛が出現

3.臀部で損傷を受けやすい筋は、とくに梨状筋損傷
他の筋群 (腸腰筋、中小臀筋など)と協力して大腿を外旋させる作用をもつ。
症状は一側の腰部や下肢痛。深い座位や下肢内旋、重量物拳上で出現梨状筋部に圧痛がある。

4.ハムストリングスの損傷も多く、ヘルニアなどに付属する神経根症状との鑑別を必要とする
不良姿勢、下肢形態異常が損傷の本態であることが多い
他の大腿筋群も同様である。

※1外旋筋群:梨状筋、上双子筋、下双子筋、内閉鎖筋、外閉鎖筋、大腿方形筋

 

参考・引用

文献・書籍

柔道整復学理論編改定第6版

②プロメテウス解剖学アトラス第2版解剖学総論/運動器

③標準整形外科学第13版

柔道整復師 イエロー・ノート 臨床編

⑤実践柔道整復学シリーズ 柔道整復学総論

お気軽にお電話でご連絡ください
092-588-7850 092-588-7850
受付時間:10:00~20:00
        12:00~20:00(水曜日)
       (新患受付19:30まで)
        木曜日・土曜日13:00まで
      休み:日曜日・祝祭日
Access

施術院まで最寄り駅から歩いて4分の立地にて20時までの営業で残業上がりの方も安心

概要

店舗名 しし接骨院・ししフィット
住所 福岡福岡市博多区元町2-1-1 ガーデンライフ南福岡
電話番号 092-588-7850
営業時間 10:00~13:00 13:00~20:00
新規受付は19:30まで。木・土曜は13:00まで。水曜日は12:00から。
定休日 日祝
最寄り 福岡駅より徒歩で約4分
雑餉隈駅より徒歩で約7分
駐車場 近隣の有料駐車場(コインパーキング)をご利用下さい。
後日または当日に領収書を提出頂ければ最大¥200/1日をお支払いたします。
ご不明な点はスタッフへお声かけ頂ければ幸いです。

アクセス

施術院までの通院のしやすさが、長期的に通院して怪我の再発の心配がない未来に到達するために大切な要項の一つです。特に足にお怪我を抱えた方などは、歩くこともお辛いことが想定されるため、そのご負担軽減を目指して駅近の立地をお選びいたしました。
Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事